2009年11月23日

またもや久々になってしまいました

仕事の先輩のお住まいが井の頭公園の近くにあるというので、
富士丸くんのお別れ会に一緒に行かれたらいいなと思っていましたが、
私が出勤になってしまったので、叶いませんでした。

最近はなんだかお別れ続きで、私事で言えばセキセイインコののぞみちゃんとの別れがあったばかり。

そして今度は、これまた仕事先の先輩(井の頭公園の方とは別なんです)のお嬢様が勤務先で急に倒れられて、
救急車で病院に運ばれ、数日間頑張られましたが、
意識が戻らぬまま、33歳という若さで天に召されてしまいました。

勤務先では今、皆が動揺しています。

富士丸くんもそうですが、お別れがあまりに急だと、残された方々のショックも大きいですね。

悲しみを口に出したくない人。思い切り口に出して吐き出してしまいたい人。
それぞれ違いはあるけれど、その深さは計り知れないのではないでしょうか。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


のぞみを失った当日、私は混乱してじっとしていられず、
なぜか再びペットショップへ足を運んだりしました。
しかし店員さんには、のぞみのことは伝えられませんでした。

お店の隅には、もう雛とはいえないほど大きくなって、
売れ残ってしまったセキセイさんたちが3羽、
大きなケージに入れられていました。

当初は手乗りだったのでしょう。
しかし今ではもう、人間に警戒心を抱き始めている月齢の子たちでした。

その中で1羽、私に気付いて寄ってきてくれた可愛い子がいました。
優しい表情で、まるで語りかけるようにさえずっていたその子に、私はだいぶ救われました。
クチバシで軽く私の指を触ってくれるのです。
私はその子に会うために何度か通うようになり、11月13日に、私はとうとうその子をお迎えしました。

多くのペットと生活を共にしてきた中で、ペットを天にお送りした直後に別の子を迎えた経験があまりなく、
そして何より、のぞみの供養にならないかもしれないという不安がありましたが、
私がいつまでも後悔していてものぞみを喜ばせることはできないと思いました。

インコの名前は、琴音(ことね)ちゃんと言います。
美しい歌声で私たち家族を和ませてくれるその姿は、
硬貨だけでお迎えしたとは、とても思えないほどの存在感です。

体はソヨコさんよりも大きいのに飛ぶことが下手で、
ソヨコさんとは比較できないほど、おっとりした子です。

琴音ちゃんは今、私に触りたくて、でも・・・なんだか心配あせあせ(飛び散る汗)
そんな状態で、まだまだコミュニケーションに時間がかかりそうです。

そういえば、最近のソヨコさんは「ろう膜(鼻)」の色が青くなってきました。
ろう膜が青い子は、男の子だと聞くので、もしかしたらソヨコさんは、
ソヨオさんなのでしょうか。

まちに「温泉饅頭チョウダイ」って言ったら、包みのビニールだけくれました。
シドいシトです。
SN360261_0001.JPG


ニックネーム まき at 17:26| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

お知らせとお詫び

昨晩まで、なんとか元気に過ごしていたのぞみちゃですが、今日、つい先ほど
先生と私に看取られながら天へ召されていきました。

先生のお話ですと骨折とは関係がないそうで、弱い体質だったとのこと。
病院から戻ってパソコンを開き、改めて我が家に2羽を迎え入れた頃の写真を見ると、確かにソヨコちゃんとは体型が違って見えました。

しかし、差し餌を食べていたころののぞみは本当に元気いっぱいだったので、今はまだ混乱していることもあって、先生の言葉通りに考えることも難しい・・そんな気持ちでおります。

口移しでゴハンを食べさせる毎日だったため、のぞみちゃんとの絆もそれだけ強くなっていました。
のぞみちゃんは私を本当に好きになってくれて、最後まで私に抱かれたがりました。

のぞみちゃん、うちの子になってくれて本当にありがとう。
大好きだよ! 良い子だね!のぞみ。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ここでお詫びです。

まったく情けないのですが、少し動揺しておりまして、せっかく見に来てくださった方々にたいへん申し訳ないのですが、のぞみのことが書かれてある記事を目の当たりにすることが今は大変辛く、本当に恐縮ではありますが、削除させていただいております。
そして皆さまからのコメントを、有難く保存させていただきました。

皆さま、のぞみのことを応援してくださって、本当に有難うございました。
心より御礼申し上げます。


あんころもちはこれからも続けさせていただきます。
そして、皆さまのところにもお詫びにお伺い致します。
今後とも、何卒宜しくお願い申し上げます。

まき
ニックネーム まき at 17:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする