2011年01月10日

寝まする。

今日は続きを書こうと思っていたのですが家事に追われてしまい、
更に明日は4時半起きなので、後日にしますね。

ところで明日は3時に上がれるけれど、アニさんのフィラリアの薬をもらいに行きべきか考えています。
アニさんには夏場以外でもフィラリアの薬を飲ませていますが、うちもだよ〜んっていうワンちゃん、いらっしゃいますか??

110110.JPG


ニックネーム まき at 21:16| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まきさん、こんにちわ。今日は3時に上がれるのね。
フィラリアの薬だけどウチは毎年11月まで飲ませてます。
冬場は先生も飲まなくって方針みたいだし。

アニさんのしこり、心配だよね。ウチは目。
ミキコタママさんの所はヘルニア・・・
ワンコにとって厄年なのか!?
治療法は先生によって違うと思うので、双方の先生に
納得するまで聞き、どちらも選べなかったらサードオピニオンを
考えても良いと思う。
所沢には小動物医療センターって言うのがあって
そこは設備も揃っているみたいだし夜間受け付けって言うのもあって
マイケルもそこの眼科を予約しているんだ。
仕事の関係でかかりつけの病院の診療時間内に行けない場合などは
その旨先生に話してそう言うところで診てもらうのも
一つの手段かも知れないよ。
私もこの先の事を考えると、不安でないと言えば嘘になるよ。
でも動物って人と言葉が通じない分、そういう感情って
ストレートに伝わっちゃうみたい。
だから私もデンexclamationと構えて過してます。
お互い大変だけど、一緒に頑張ろうね。
Posted by まいける母 at 2011年01月11日 12:45
まいける母さん

こんばんはわーい(嬉しい顔)
すっかりお騒がせしてしまってすみません。

我が家の周りは草むらが多く、夏が終わる頃になってもまだ蚊が飛んでいることがあり、一度冬も通してフィラリアの薬を飲ませてみたら止めるのが心配になって・・・顔(ペロッ)

夏の間に幼虫が体内に入った場合、秋から冬にかけてきちんと退治することが大切と聞いた記憶もあり、だからといって何も冬まで飲ませるこのはないわよねあせあせ(飛び散る汗)

などと自問自答する私でありました顔(イヒヒ)

アニさんのシコリについて書き始めた頃に「良性のようだ」と書いたのですが、結局はご心配をおかけすることになってしまい、申し訳ないです。

先に結論を書いて、後はそこに至るまでのいきさつをゆっくり書こうと思ったのが間違いだったかも・・・顔(え〜ん)

今、アニさんのシコリはビックリするほど小さくなっています。
しかし、あの「大いなる詐欺師」という言葉が脳裏をかすめないこともなくダッシュ(走り出すさま)

まだ、もうちょっと続きを書こうかなと思っております。

マイケルくんのこと、気になってしまって仕事中でも考えてしまうのよ。
どうか、母さん親子にとって一番良い道が開けますように。。。

それは決して「取り越し苦労だった」ということだけが願いだというのではなく、二人がこれからも信頼しあって、幸せであることが続きますように・・・と祈るような、思いです。


Posted by まき at 2011年01月11日 23:32
しこり気になりますね いくつか病院で診てもらうのも手ですよ
Posted by リモナパパ at 2011年01月13日 06:45
リモナパパさん

そうですね。
アドバイスを有難うございます!
先生によって こんなに判断が違うとは驚きで、勉強になりました(^-^)
Posted by まき at 2011年01月14日 09:44