2011年01月15日

アニさんのシコリ:4

続きもののくせに、なんだかタイトルに一貫性がないような気が・・・テンテン

アニさんのシコリの件ではお騒がせしてしまい、すみませんふらふら

細胞針検査をして、針を刺した場所に悪性のものがなかったら必ず良性かというと、そうでもなく、
悪いものと良性のものが1つのシコリに混在している場合、治療せねばならない部分を見つけられないことも稀にあると、ソヨコの先生(現在のAnnieの主治医)は言いました。

そして、Annieのシコリから採取した細胞を病理検査に出す前に、院内で一度顕微鏡検査をしてくださるとも。

明らかに悪性だった場合は顕微鏡で簡単にわかることもあるので、翌日に電話をくださいと言われていた私ですが、その日は仕事の都合で電話ができないことを話し、翌々日に電話を入れてみました。

先生の話だと、私が一番怖がっていた『肥満細胞腫』は出てこなかったそうで、
それなら何なのか?という答えは病理検査待ちであるとのこと。

結果は先生のほうから私の携帯にお電話でお知らせくださるが、検査はとても混んでいるので何日くらいかかるのかは不明とのお話だったため、心配な日々を過ごしていたある日のお昼頃。

食事休憩中に、その電話は鳴りました。
採取した細胞からは、結局悪いものが見つからず、何かの炎症が起きたのであろうという説明だったので、顕微鏡検査で得た情報とほぼ変わりませんでした。

先生がとても丁寧に、
「病理検査に出して、結果が戻ってきて・・・」
と話してくださる前置きがとても長く感じられて、思わず
「ああ、先生。良いか悪いか、それだけでも先に教えてくださいな」
とお願いしたいような気持ちがしたことを覚えています。

その後は2度ほどシコリの大きさを測っていただいていいますが、なぜかビックリすることに、どんどん小さくなってきています。

それでもトラネキサム酸は少し続けましょうという先生のアドバイスに、今後も従っていきたいと思っています。


これが噂のトラネキサム酸です。
DSCF4296.JPG



DSCF4306.JPG

ぎょ。
スゲー ヤクザ犬みたい。







ニックネーム まき at 00:01| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい方向に向かっているのなら良かったですね しこりが消えるまでは注意してね
ご挨拶
リモナの日記はにほんブログ村ランキング。ダックスフントからロングヘアードダックスフントにメインを移しました 今後ともどうぞ宜しくお願いします。
Posted by リモナパパ at 2011年01月15日 13:10
リモナパパさん☆

ご心配、どうも有難うございます(^0^)
他の部位も注意して見るようにしています〜

お知らせも頂き 有難うございました。

ロングヘアードですものね!
Posted by まき at 2011年01月15日 13:27
まきさん、こんばんわ〜!
アニちゃん、細胞から悪い物が見つからず
心配していた肥満細胞腫も出てこなかったようで
本当に良かったですね手(チョキ)
安心しました。
それにシコリも小さくなって来ているようで
重ね重ね良かった〜ー(長音記号2)
トラネキサム酸、様々ですね!
心なしかアニちゃんの表情がイキイキとして
きたように感じまするんるん
まきさんもご心痛でしたね!お疲れでしょう!
お仕事があり、なかなかゆっくりできない
でしょうがお体に気を付けてくださいね!
Posted by ハル at 2011年01月16日 18:14
ハルさん☆

ご心配をおかけしましたぁ顔(汗)
私も、素人ながら見る限り、体調も良さそうな気がしています。

最初は本当にビックリして、なぜ急にこんな大きなシコリができたのだろうかと不思議でならず、それでも自分を責める日が続いていましたので、どうやら良性だろうと言われた時は力が抜けた感じがしました。

インターネットで調べたとき、トラネキサム酸は苦いと書かれているところが多くてアニさんが可哀想だなと思ったのですが、処方されたものはワンちゃんが好むように甘くしてくれてありましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

先生にますます感謝ですexclamationわーい(嬉しい顔)


Posted by まき at 2011年01月16日 23:28