2011年02月17日

恐るべし!ファブリーズパワー…?

先日、スーパーでアルミホイル鍋(?)入りの鍋焼きうどんを買ってきました。
そう。よくあるタイプの、そのまま火にかけて温めるだけというインスタントタイプです。

母が私よりも遅れて食べていた時のこと・・・。

私の目を盗んでテーブルの上によじ登ったアニさん。
テーブルの上から母を見下ろし、そのまま鍋焼きうどんを食べ始めたことに母も私も気付かず。

といっても母は鍋を両手で持っていたはずなのですが、数年前に放射線を浴びた影響で視界が極端に狭くなっているので気付くのが遅れたらしいのです。

母の絶叫に驚いた私が走り寄ってみると、テーブルから身を乗り出したアニさんが両手を踏み外し、顔だけをうどんに突っ込んだままジタバタとお汁の中で溺れていました。
私が急いで助け出すも、油とお汁でツルリと滑り、アニさんの顔は再び鍋の中へ。

何しろ顔だけで体重を支えている状態なので、両手は中を泳ぐばかり。
私までグショグショになりながら引っ張り上げましたが、本当に危ないところでした顔(なに〜)


アニさん、いったい何をしたかったのexclamation&question


顔にはうどんの具がいっぱいくっ付いていました。
1102173.jpg


どんなにきれいに拭いたつもりでも、かき揚げとだしの匂いが消えません。
お風呂に入れようにも時間も遅く、寒かったのと、翌朝は早く起きねばならない事情もあり、泣く泣くタオルをお湯で濡らし、そのタオルにファブリーズを吹きかけてからアニさんの全身を拭いてみたところ、嘘のように匂いが消えてビックリ!

ふぅ。よかったよ。
アニさん、もうテーブルには乗っちゃだめだよ顔(汗)
お母さんから食べ物を盗るのも、これで最後にしてね。


1102174.jpg


当然です。




ニックネーム まき at 23:29| Comment(0) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント