2011年02月17日

恐るべし!ファブリーズパワー…?

先日、スーパーでアルミホイル鍋(?)入りの鍋焼きうどんを買ってきました。
そう。よくあるタイプの、そのまま火にかけて温めるだけというインスタントタイプです。

母が私よりも遅れて食べていた時のこと・・・。

私の目を盗んでテーブルの上によじ登ったアニさん。
テーブルの上から母を見下ろし、そのまま鍋焼きうどんを食べ始めたことに母も私も気付かず。

といっても母は鍋を両手で持っていたはずなのですが、数年前に放射線を浴びた影響で視界が極端に狭くなっているので気付くのが遅れたらしいのです。

母の絶叫に驚いた私が走り寄ってみると、テーブルから身を乗り出したアニさんが両手を踏み外し、顔だけをうどんに突っ込んだままジタバタとお汁の中で溺れていました。
私が急いで助け出すも、油とお汁でツルリと滑り、アニさんの顔は再び鍋の中へ。

何しろ顔だけで体重を支えている状態なので、両手は中を泳ぐばかり。
私までグショグショになりながら引っ張り上げましたが、本当に危ないところでした顔(なに〜)


アニさん、いったい何をしたかったのexclamation&question


顔にはうどんの具がいっぱいくっ付いていました。
1102173.jpg


どんなにきれいに拭いたつもりでも、かき揚げとだしの匂いが消えません。
お風呂に入れようにも時間も遅く、寒かったのと、翌朝は早く起きねばならない事情もあり、泣く泣くタオルをお湯で濡らし、そのタオルにファブリーズを吹きかけてからアニさんの全身を拭いてみたところ、嘘のように匂いが消えてビックリ!

ふぅ。よかったよ。
アニさん、もうテーブルには乗っちゃだめだよ顔(汗)
お母さんから食べ物を盗るのも、これで最後にしてね。


1102174.jpg


当然です。




ニックネーム まき at 23:29| Comment(0) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

バースデイプレゼントなのにぃ;;

年末近くなると、ネットショップさんも仕事納めするとは思わず、
アニさんの誕生日の28日が近付くまでプレゼントの注文をしなかったら、
到着が年明けとなってしまいました。


お正月もそろそろ終わろうかというある日、私が買い物から戻ると何やら玄関に荷物が。
どうやら母が配達のドライバーさんから受け取ってくれていたようです。



あ、アニさん宛だよグッド(上向き矢印)
11012803.jpg



スーパーで買ってきた大根を放り投げ、慌てて写真を撮る私・・・
11012802.jpg


違うてば。



なに?これ
11012804.jpg


11012805.jpg



11012806.jpg



やーよそんな。
優しく扱ってください。



11012807.jpg



できれば壊さずに、大事にしてよ。
それにね、それはただのオマケなんだよアニさん。



本当のプレゼントはね!

ダララララララ〜〜exclamation×2。。。← ドラムが鳴り響く



アニさんの新しいベッドなのだ!
ど?ビックリした???わーい(嬉しい顔)Good



せっかくだから寝てあげゆけど。
11012808.jpg



あっ
そうでしたかもうやだ〜(悲しい顔)


アニさんにはオマケさんの方が良かったのね。
気に入ってくれて、有難う顔(汗)







ニックネーム まき at 23:57| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

ダイエット成功中・・かな


Annieさんは12月28日に、無事に6歳のお誕生日を迎えることができましたClapぴかぴか(新しい)

シコリ騒ぎがあったので、ホッとしましたさー顔(泣)←嬉し泣き

おめでとう!アニさん。
記念写真撮ろうねグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

食べ物で視線をカメラに向ける技を教えていただいたので、早速試しましたがこの始末顔(イヒヒ)


DSCF4333.JPG





DSCF4334.JPG





DSCF4332.JPG


ああカワユ黒ハート



そういえば、アニさんは胃腸の調子を崩してからダイエットに成功しますた。





DSCF4338.JPG






DSCF4335.JPG


5キロ台をキープしています。

ただ、人間と同じで皮がタルタルになっていますがねふらふら






ニックネーム まき at 16:51| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月15日

アニさんのシコリ:4

続きもののくせに、なんだかタイトルに一貫性がないような気が・・・テンテン

アニさんのシコリの件ではお騒がせしてしまい、すみませんふらふら

細胞針検査をして、針を刺した場所に悪性のものがなかったら必ず良性かというと、そうでもなく、
悪いものと良性のものが1つのシコリに混在している場合、治療せねばならない部分を見つけられないことも稀にあると、ソヨコの先生(現在のAnnieの主治医)は言いました。

そして、Annieのシコリから採取した細胞を病理検査に出す前に、院内で一度顕微鏡検査をしてくださるとも。

明らかに悪性だった場合は顕微鏡で簡単にわかることもあるので、翌日に電話をくださいと言われていた私ですが、その日は仕事の都合で電話ができないことを話し、翌々日に電話を入れてみました。

先生の話だと、私が一番怖がっていた『肥満細胞腫』は出てこなかったそうで、
それなら何なのか?という答えは病理検査待ちであるとのこと。

結果は先生のほうから私の携帯にお電話でお知らせくださるが、検査はとても混んでいるので何日くらいかかるのかは不明とのお話だったため、心配な日々を過ごしていたある日のお昼頃。

食事休憩中に、その電話は鳴りました。
採取した細胞からは、結局悪いものが見つからず、何かの炎症が起きたのであろうという説明だったので、顕微鏡検査で得た情報とほぼ変わりませんでした。

先生がとても丁寧に、
「病理検査に出して、結果が戻ってきて・・・」
と話してくださる前置きがとても長く感じられて、思わず
「ああ、先生。良いか悪いか、それだけでも先に教えてくださいな」
とお願いしたいような気持ちがしたことを覚えています。

その後は2度ほどシコリの大きさを測っていただいていいますが、なぜかビックリすることに、どんどん小さくなってきています。

それでもトラネキサム酸は少し続けましょうという先生のアドバイスに、今後も従っていきたいと思っています。


これが噂のトラネキサム酸です。
DSCF4296.JPG



DSCF4306.JPG

ぎょ。
スゲー ヤクザ犬みたい。







ニックネーム まき at 00:01| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

寝まする。

今日は続きを書こうと思っていたのですが家事に追われてしまい、
更に明日は4時半起きなので、後日にしますね。

ところで明日は3時に上がれるけれど、アニさんのフィラリアの薬をもらいに行きべきか考えています。
アニさんには夏場以外でもフィラリアの薬を飲ませていますが、うちもだよ〜んっていうワンちゃん、いらっしゃいますか??

110110.JPG


ニックネーム まき at 21:16| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

アニさんのシコリ:その3

アニさんの嘔吐が続いたある日。

病理検査は、ソヨコちゃんのご縁でAnnieもお世話になっている病院にお願いしてありましたが、まだ結果が出ていませんでした。

この日はちょうど休診日だったので、いても立ってもいられない私は今までお世話になっていた病院へ向かったのでした。
あの、ソヨコのために別の病院をご紹介くださった先生です。

ソヨコの一件以来、私は少し気兼ねしてしまい、その先生のところへ行ってはいなかったのでした。
しかし比較的自宅から近いことや、このまま疎遠になるのも申し訳ないと思っていたところだったので、思い切って出かけていきました。

Annieのシコリを診ていただき、時々吐いていることを伝えると、その先生の顔が難しくなり、うつむいて目を閉じてしまいました。

ソヨコの先生からは、Annieが血便をしていた時期に3本づつの注射を3回近く討ったことがシコリ原因かもしれないが、シコリができるには日が経ち過ぎている気がすると言われたことがあるので、この日、それを伝えてみたのですが。

『これはイヤだなぁ。。』

『シコリの一部が筋肉と同化している気がするんです』

『ボクだったら切りますね。仮に注射痕だったとしても、これだけ大きなものが自然に消えていくとは思えません』

『切るとしたら、念のためにかなり大きく切除します』

イヤだなぁという言葉を聞いたとたんに私は怖くなり、すぐにでも手術しなければならないような気持ちになってしまいました。
しかし先生は、

『今は別の先生が主治医なんですよね?ボクに切れと言われればモチロン引き受けますが、主治医の判断を仰いでからでも良いのでは? 主治医が判断しようとした時に、Annieちゃんが既に手術を終えていたというのでは、その先生もビックリしちゃうでしょうからね:苦笑』

と言いました。
もちろん私はまだ手術をお願いしていませんでしたが、先生は私の気持ちを察して、先に言ってくれたようです。

本当に先生の言う通りです。
理屈ではわかっているつもりでも、私は怖くてたまらなくなりました。
そして、手術を急ぐ必要はないことだけを確認し、後ろ髪を引かれる思いで帰宅したのでした。

注射痕。

同じ場所に続けて注射すると、そこがシコリになることがある。
どうか注射痕でありますように。

Annieを見るたびに、涙が出てくる。
するとAnnieは気になるようで、私の顔を覗き込むように眺めていました。

これではいけないと思いました。
明るいオーラを振りまかねば!
運を見方に付けてやる!

Annieには、努めて楽しそうに接することに決めたのでした。

また続きます。



ニックネーム まき at 18:13| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

続:アニさんのシコリ

右脇腹にできたシコリがとても大きかったので、私はAnnieを見ただけで泣けてしまう日が続きました。

血便をしていたこと。
両目が赤く腫れ上がって深夜専門の救急病院に駆け込んだこと。

それらはみんな、良くないことの前触れだったんだろうか。
アニさん、ごめん。
どうすればいいのだ。

そのうち、時々吐くようになったアニさん。
この頃、肥満細胞腫という言葉を私は知りました。
とても怖いガンで、時には形を変えたり、小さくなることもある。
だからうっかり安心してしまうと、ガンは密かにワンコの身体を蝕んでいくらしい。。。

俗名は『大いなる詐欺師』

こっ・・・怖いダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

シコリを見付ける少し前からアニさんは体調を崩していたので、この際食事を見直しながら一気にダイエットもしてしまおうと思っていました。
幸か不幸か、この頃のアニさんはご飯が食べられない状態だったので、先生の指示の下に処方食を1度に6~8粒、それを日に2回しか食べさせなかったのです。

すると、今まで空腹になると、まるでネコのようにニャンニャンとお腹を鳴らしていたアニさんの腸の調子が少しずつ整い始めたではありませんか。

『なんということでしょう』

『整いました〜〜』

あの音は、空腹が原因ではなかったのね。
それからというもの、私は手作りから一切手を引き、ドライフードしか出さないようになりました。

続きは後ほど。。。

(大した内容でもないのに引っ張る引っ張る。しかも画像ナシってなによ)








ニックネーム まき at 21:09| Comment(0) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

明けましておめでとうございます!

だんだんと生活が落ち着き始めてきて、
再びブログを更新できそうな日々が戻って来つつありますわーい(嬉しい顔)

絵文字を入力するのも懐かしいほど、ご無沙汰になっておりました。
また、今までは皆さまのところにお邪魔しても読み逃げ状態で失礼していましたが、コメントさせていただく時間も持てそうな気がしています〜るんるん

さて、去年のある日にお友だちのブログで穴澤賢さんの著書『またね、富士丸』が出たことを教えていただき、即購入して涙ながらに読ませていただきました。
まるで自分が体験しているように感じながら、また僭越ではありますが穴澤さんの心と一体化したような気持ちになって、深く深く入り込みながら読みました。

それから少し経った11月11日の朝、アニさんと遊んでいたらいきなり足を引きずり始めたので少々大げさに慌ててしまったことがありました。
その日は母の通院日で、その後には別用で外出しなければならず、これはどうしたものかと思っているうちに普通に歩けるようになり、結局獣医さんには行かずに様子をみることになったのですが。

そして、11月15日の夕方のこと。

私が電話で誰かと話しながら何気なくAnnieの体を撫でていた時、
Annieの右脇腹に違和感を覚えたのでした。
とても大きな、なんとも表現しがたい板状のカタマリのようなものが、Annieの脇腹の中に感じることができたのです。

すぐに電話を切り、時計を見ると夕方6時30分。
獣医さんは、7時までで診察時間が終わります。

間に合うか!?
慌てながら車を飛ばして、先生に診てもらいに行きました。

こんな大きなシコリができていて今まで気付かなかったのは何故だろうかと先生は私に聞きました。

私は常日頃から、シコリなどがないかAnnieの体を確認することが癖になっていることを先生に伝えました。

シコリのサイズはというと・・・
縦が約7センチで、幅は約3センチ

すぐに手術か?と思いましたが、とにかく細胞針検査をして様子を見ましょうという先生の意見に従い、病理検査に出していただくことになりました。

Annieはすぐに別室に移され、シコリのある場所に局所麻酔をして、細胞を採取していただいた後で、待合室で待つ私のところに戻されてきました。
看護師さんに抱かれながら。。。

Annieちゃんは、検査の間とってもおりこうさんでしたよ!と、看護師さんは褒めてくださいました。

結果が出るまでに数日かかるらしく、その日は消炎剤としてトラネキサム酸シロップが10日分出されました。

結局、Annieさんのシコリは良性のもので、何か炎症が起きたのではないか・・という結果が出たのですが、経緯を引き続き書き綴っていこうかと思います。


ニックネーム まき at 23:37| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

残暑お見舞いザンショ!

毎日、本当にどうなっているのかと思うほどの暑さが続いていますね。
どうぞお体には気を付けてください!


DSCF4223.JPG


Annieさんとまちが住んでいるところではゲリラ豪雨もほとんどなく、
夕方になってゴロゴロと音がすることはあっても、
黒雲もすぐにどこかへ消えて行きます。

決して雷を望んでいるわけではありませんが、
こうも暑いと、たまにはドシャドシャと強い雨でも降ってくれないかなと思いたくなってしまう〜もうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

それでも、毎日せっせとお水をあげていたせいか我が家ではゴーヤやオクラが成りましたよ顔(メロメロ)


DSCF4208.JPG



DSCF4215.JPG



えッ!?
1個づつかい
DSCF4220.JPG


はい顔(イヒヒ)
オクラはともかく、お友達のところでもゴーヤは不作だったようです。
ゴーヤといえば沖縄を連想する私ですが、それでも暑過ぎは良くないのでしょうか。。。?

ウチの場合は単に肥料不足という気も否めませんがたらーっ(汗)


私の下手なサマーカットを施されたAnnieさん。
お尻がとっても可愛くて、どうしても動画に収めたいという思いを抑えきれなかった私は、
母に頼んでAnnieさんを呼んでもらいました。


母 : あんちゃ〜んるんるん


元々が内股な我が子。
可愛いぢゃありませんかexclamation&question← また始まった顔(ペロッ)
ニックネーム まき at 23:42| Comment(2) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

アレルギー:その後

前回はAnnieさんのアレルギーと思われる症状でご心配をおかけして、すみませんでした。

お陰さまで緊急病院に行った翌々日頃には目の腫れもかなり引いてきまして、
今は一安心しておりますわーい(嬉しい顔)

ヒルズのアレルギー食以外に、血便経験犬Annieは消化器サポートというロイヤルカナンのゴハンも処方されたばかりですが、今回の騒ぎでどちらをAnnieさんに食べてもらえば良いのか迷ってしまったまち。

先生のお話では、ショック症状が出たばかりなのでしばらくアレルギー食を優先させましょうか・・とのこと。

実はAnnieさん、先生から処方されたd/d(アレルギー食)の1kgはとうに完食してしまったので、少し前にまちが通販で3kgを購入していたのでした。
やっぱり獣医さんで買うとどうしてもコスト的に大変なんです。
先生には正直にお伝えして、ご了承いただいています。



DSCF4157.JPG



DSCF4160.JPG


そうだよるんるん


DSCF4158.JPG


気に入ってくれて、良かった良かったわーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)


通販で買った3kgの開封を催促するAnnieさん。





さて、Annieのあの苦しみは一体なんだったのでしょうか。

本当ならこのまま、生涯を通してアレルギー食一本でいけば無難なんだろうと思いつつも、私の子になってからずっと手作りゴハンで育ってきたAnnieさん。
もちろん市販のドライフードも食べてもらってますし、たまには缶詰だって買ってきます。
でも、やっぱりこのままずっと処方食というのも味気ない気持ちになってしまう私です。

手作り食反対派のご意見としてよく耳にする、ワンちゃんに手作りのゴハンを与えるのは犬のためではなくて飼い主の自己満足のためだ・・というのも全否定はできないし、事実、手作り食の本を何冊も出している方のワンちゃんがさほど長生きでなかったり、私の親戚にいるワンコのようにドライフードだけで15歳になっても元気でいるラブちゃんがいるのも事実。
そして、寿命はワンコの体質にも左右されると思う。

Annieが今まで頻繁に口に入れていたものは、ヨーグルトとごま油。
ごま油は香り付けにほとんど毎回使っていました。

試しに、アレルギー食にヨーグルトを混ぜて食べてもらいましたが、Annieにほとんど変化は見られず・・。

ヨーグルトを数日続けた後で今度はごま油を混ぜてみたところ、数日後にまた口の周りを痒がるようになったAnnieさん。

アナフィラキシーを起こした頃はごま油を与えていなかったことを思い出すと、普段のカユカユの原因がごま油にあったとしても発作の引き金になったとは思えない私。

ここで、ご近所さんが撒く除草剤のことを思い出しました。
以前先生にも相談したことがあります。
ダックスちゃんが除草剤の付いた何かを食べてしまい、病院に運ばれてきたけれど助からなかった子がいたので気を付けるようにと言われたことがありました。
最近はワクチン注射もあるようですね。

最近、ちょっと油断してAnnieをノーリードで歩かせることもあった私。
違法ではないか!
深く反省。もうやめました。本当ですとも!←誰に宣言しているのかって?
もちろんAnnieさんにですぅたらーっ(汗)

Annieはアレルギーのせいで皮膚の状態も良くないので、思い切って「トリマー・まち」が彼女にサマーカットを施したところ、つるりんとして可愛いワンコになりました。

ワン!
DSCF4177.JPG


って・・・あれ?


これは切り落とした毛デシタ顔(イヒヒ)


Annieさんはこちら。


DSCF4182.JPG


なんで!?がく〜(落胆した顔)
可愛いよグッド(上向き矢印) すごく。



だって、アニさんのオシッポさんザンギリ状態あの。



DSCF4187.JPG


あッexclamation×2あせあせ(飛び散る汗)
ホントだ。


ま、遠くから見ればわからないよ。
うん。可愛い可愛い顔(ペロッ)


お尻の毛もすっかり短くなり、歩く姿がより一層可愛くなったAnnieさんでした。
チャンチャン!


ニックネーム まき at 16:28| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月16日

アナフィラキシー・ショック

13日の夜、Annieさんは原因不明のショック状態に陥り、鳩ヶ谷にある深夜専門の獣医さんに急行するという事態となりました。

アレルギーによる皮膚のトラブルが続いていたAnnieさん。
口元や顔の一部、首や目の周りが赤くなり、毛も抜けている状態であまり元気もなく、アレルギー処方食に切り替えていることとの関連などを考えていた最中の出来事でした。

この日は朝から目の下が少し腫れていましたが、アレ?ちょっとひどくなってきたかな・・・と思う程度に感じられたので私はそのまま仕事に出かけました。

夕方になって帰宅してみると、Annieさんは目が赤く腫れあがって涙も出て、ゴハンも食べられない状態です。
急いで夕飯の支度を済ませ、インターネットで調べているうちに熱中症で命を落としてしまったワンちゃんの記事を目にした私。

読んでみると、かなりAnnieの症状と似ています。

そのワンちゃんが最期には悲鳴を上げた・・というくだりを読んでいた正にその時、階下からAnnieの悲痛な悲鳴が聞こえてきたので私は腰を抜かしたようになり、大慌てでかかりつけの先生に電話を入れたのですが既に診療時間が終わっていたため留守番電話になっていました。
携帯にかけ直すようにとのことだったのですぐにダイヤルすると、またもや留守電。

緊急の場合は折り返し電話をくださるので、電話番号を言ってくださいとのメッセージに、私は自分の携帯番号を言おうにも、慌ててしまって慣れ親しんでいる番号にもかかわらず思い出せなくなり、番号は・・・番号は・・と言いながらあろうことか電話を切ってしまいました。

再び電話をかけ直して、やっとの思いで携帯番号を伝えたところ、すぐに先生からかけ直してくださったのは有難いのですが、都内に来ているので診察ができないから、夜間専用の緊急病院にいくようにと言われてしましました。

鳩ヶ谷!
そこに緊急受付の病院があることは知っていましたが、間に合うのかしら。
迷うことなく、事故も起こさずに到着できて、Anneの息があるうちに治療を
受けることができるのか?

頭で考えながら玄関を飛び出し、車に走る私。
尻尾を振りながら、私を追い抜いて走るAnnieさん・・・・

はり?

運転中、助手席でグッタリしながらもAnnieは頭を上げています。

夜の9時をまわっていたせいか道が空いていて、思ったよりも早く着くことができましたが、緊急の処置を求めるワンちゃん・ネコちゃんの何と多いことか。

県外からと思われる飼い主さんからの問い合わせ電話なども相次いで鳴っています。
深夜専門といっても3時までしか受け付けていないというスタッフさんの言葉を聞きながら、Annieさんの番が回ってくるのを待ちました。

名前を呼ばれ、すぐに血液検査をお願いし、結果が出るまで30分ほど更に待つ間、Annieが生きていることに対する心から感謝の気持ちが溢れ出てきて、
私は「有難うございます。有難うございます」と呟きながらAnnieさんの目の下を撫で続けました。
そのうち、なんだか少しづつ腫れが引いてきているような錯覚が・・・。

検査の結果、Annieは特に重篤な状態でもないが、何かに対するアレルギー反応が強く出てしまったのだろうとお聞きしました。
そして、あれ?赤みと腫れが引いてきましたね・・と!

検査結果の数値を見ながら説明をしてくださる先生の言葉が、本当に心地よく聞こえました。

ステロイド剤が含まれたお注射を2本と、2タイプの目薬を点していただき、無事に2人で家まで戻る頃には既に12時も回っていたのに、心配した母が眠らずに待っていてくれました。

そして、1万円札を数枚、私に差し出すのです。
ああ、お母さん。心配かけてごめん。
本当に・・・。

その晩はほとんど眠れず、4時半には起きて仕事にでかけた私ですが、疲れを感じることもありませんでした。
お昼に外出許可をもらって一時帰宅してみると、お盆のために親戚が来てくれていましまた。

Annieさんも元気で、親戚に威嚇しています(笑)

私は安心したせいか、夕方が近付く頃に「生@」がきてしまい、ちょっとした立ち眩みがし始めましたが、もう一頑張り!

夕方からは、かかりつけの先生のところへAnnieと出かけました。
先生の手元には緊急の病院からAnnieの検査結果が届いていました。

先生の話では、Annieは何かに強く反応した、いわゆるアナフィラキシー・ショックだったのだそうです。

人間でなくとも、アナフィラキシーは起きるのだと知らされました。
ただ、Annieの場合は原因がわからないので繰り返す可能性があるという説明も受けました。

今回のことで母はショックを受け、今後はうかつに食べ物を与えることは止めると言ってくれました。
母には可哀想な思いをさせてしまいましたが、これを機会に懲りてくれて、何でもAnnieに食べさせるということを断念してくれることを期待する娘であります。


今回の病院騒ぎですっかり忘れそうになってしましましたが、
Annieさんは数日前に血便も出たんです。
先生のお話ですと鮮血なので心配はなく、どんな子にも起こり得ることなのだとか。


DSCF4179.JPG




ニックネーム まき at 23:36| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

母との毎日

大変ご無沙汰してしまいました!ふらふら

今日はなんともダラダラと長く書くので、お暇な時にでも読んでやっていただけたら有難いですわーい(嬉しい顔)

6月の後半、ある夜中のこと。

ドーンexclamation×2という大きな音で目を覚ましました。

ここのところ母がなかなか話を聞いてくれなくて、コミュニケーションも取り辛くなり、
どうしたものかと思いながらも私は自分の仕事や家事の忙しさに流されてしまい、
母の内面を覗き込むことを怠っていました。

もしかしたらお母さん、階段から落ちたんじゃ・・・

そう思いながらも心の中では、
「私の言葉に耳を貸してくれないんだもん。助けようがないよ」
そんな言葉も浮かびました。

最近の母は、いつもヒネくれてばかりで口を開けば否定形の連発。
いろんな人の悪口を言うようにもなっていました。
私が知っている本当の母とはかけ離れ、まるで別人のようになっていました。

しかし、あまりの大きな音に驚いた私は布団から抜け出して、母が階段に倒れているんじゃないだろうかとビクビクしながら廊下に出ましたが、どこにも母の姿は見付かりません。

実は母、数ヶ月前に寝ぼけたことがありました。
夜中の2時頃だというのに私が帰宅したと思い込み、慌てて玄関まで出たものの、
私の姿がないので外まで探しに行ってしまったのでした。

その時も物音で目を覚ました私が階下へ降りると、ちょうど母が外から戻って玄関の鍵を閉めていたところでした。
そして私を見るなり、
「アンタが帰って来たのに家に入れないっていうから開けてみたら、どこにもいないんだもん!探しちゃったよ〜」
と怒るのでした。

母は若い頃から物忘れが多くてオッチコチョイでしたが一向に気にする様子もなく、これなら認知症になる心配もないね〜などと笑っていたけれど、私は少しづつ気になり始めていました。

この日ももしかしたら外へ・・・?と思い玄関まで行くとトイレのドアが少し開いていて、中で母が腰掛けていました。

どうしたの?と聞く私に、落っこちたの・・と母。
大丈夫なの?と聞くと、大丈夫〜と答える母。

どうして二階のトイレに行かないの?と私が言うと、だって、二階のトイレは流す音が大きいから入るなってアンタが言うから・・・という答えが返ってきました。


確かに二階のトイレは流す音が異常に大きくて、夜中は特に、滝つぼへ大量の水が落ちていくような轟音がするのでちょっと恐いんです。
でも、入るなとは言ってないよ〜。
暗い階段を下まで行くのは危ないから、もう止めてね(ちょっとキツく)
私はそう言い残して、寝てしまったんです。

翌日の夜、母がお風呂に入っている姿を見ると、体中に無数のアザができていました。
それでも母は大丈夫だと言うので、そのまま時間が過ぎて行きました。

数日後、母が枝切りバサミを持って庭仕事をしながら首をもたげた途端、首に激しい痛みが走り、思わず知らないお宅の玄関のドアを勝手に開けて助けを求めてしまった・・のに、そのことを母は私に一言も言わず、ご近所の奥様から教えて頂くまで私は全く知らなかったのでした。

時間は遡りますが、今年の5月中旬のこと。
そろそろ認知症の検査でもしておこうと思った私は、ケアマネさんにお願いして病院を幾つか紹介してもらっていました。
一番近い病院に電話をするととても親切に応対してくださり、一度診察をしようという話になりましたがなかなか予約が取れず、6月に再度連絡をして、7月にようやく予約を入れてもらうことができました。

母の階段落ち事件はその間の出来事だったので、私はますます診察の必要性を感じて、今か今かと予約日を待つ毎日でした。

しかし予約日を待たずに、母はまたも小さな事件を起こしたのです。

自宅の裏手にあるモミジ林を地主さんが数ヶ月前に刈り取ったら、そこに竹がぐんぐん生えてきたことに気付いた母。

このままでは自宅の敷地にまで竹が生えてしまうと思った母は、よそ様が所有するモミジ林に勝手に入って竹を引っこ抜き始めたのでした。

モミジ林は道から数十センチ低くなっているのに、母は数年前に放射線を目に当てているために左目の視力が悪く、道から何度も林に転がり落ちていたようです。

それもまた私に言わないので、ある日突然に母から、
「あんな危険な場所、子供が落ちたらどうするのよねぇ。アタシだってもう何度落っこちたか!ちっ(怒った顔)
と言われるまでは、本当に知らなかったんです。
しかもそれを聞いたのは認知症の検査受診の後だったから始末が悪い。

認知症の検査ではMRIを撮ってもらったのですが、主治医の先生が言うところによると母は何かに頭をぶつけた形跡があり、慢性硬膜下血腫を患っているとのことでした。

頭に血が溜まっていることで脳が圧迫され、痴呆症に似た症状が出ている可能性があるので、脳神経外科へ行って血を抜いてもらいなさい・・・と。

紹介状を書いてもらい、数日後に大学病院へ行きました。
するとそこの先生は、
「これは血ではないよ〜。水だってば!」
と言うではありませんか。

そればかりか、
「もう、ああいう病院は頭にちょっと何かが溜まるとすぐに血だ!とか言ってこっちに患者さんを回すんだよねぇ。歳を取ればみんな、多かれ少なかれ脳が萎縮するんだよ。だからそこに水が溜まるの。」
と・・・あせあせ(飛び散る汗)

わけわからん。

この日の夕方、母はとうとう私のことがわからなくなってしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)

私を自分の妹だと思い込んだ母は、私に向かって
「まきはどこへ行ったんかしら〜? 〇〇の家かねぇ・・
それとも☆☆かねぇ」
と何度も聞くのです。

母はあまり水分を摂りたがらない人で、私が
「お母さん、お水飲んでる〜?」
と聞くと、いつもYesの返事が返ってきます。

しかしこの日は一日母と一緒だったので、母の水分摂取量が足りないことがわかっていたので麦茶を出してみると、飲む飲む。
注いでも注いでも飲む飲む!

毎日続く猛暑で、母はどうやら脱水していたのでした。

この日、夜になる頃にはどんどん症状が良くなっていきました。

それからというもの、2g入りのスポーツドリンクを買い込んで毎日飲んでもらっています。

ところで、誤診のレッテルを貼られた病院へ再び行って来ました。
すると先生は、やはり血の可能性を強調するのです。
水かもしれないけれど血も混ざっていると。
そして、脳が萎縮するから水が溜まるわけではないんだよ・・・と。

脳神経外科の先生とは、見解が逆な気がしてきました。

脱水症状が緩和されたからか、頭に溜まった水or血が引いてきたせいか、最近の母はちょっと良くなってきています。
この2つの病院ではなく、まったく別の脳神経外科が近くにできたと教えてくださった先輩から連絡先をお聞きしたので、近々行ってみるつもりでいます。

認知症検査をしてくれた病院の先生は、母はアルツハイマーの可能性が高いと言います。
そして、これ以上進まないようにと、彼の有名なアリセプトを処方して下さいました。

今後、母との付き合い方を改めた私が時々ペットブログに書かせていただくかもしれません。
どうかご容赦ください〜〜、アセラさま〜あせあせ(飛び散る汗)


話はガラッと変わり・・・・・・・ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)


Annieさんのアレルギー症状がグンと進んでしまったので、獣医さんに行って来ました。
実は自分も坐骨神経痛がひどくて、内心大騒ぎしたい心境なのですが、何をさておいてもAnnieさんを優先じゃい。


カユカユあの。
DSCF4150.JPG

なんだかヤサグレ犬になっちゃったねぇ。

写真を取られるのが嫌いなので、動く動くたらーっ(汗)
ピンボケばっかりです。


DSCF4148.JPG


可哀想に目の周りの毛も抜けています。



DSCF4147.JPG



まだ撮ゆの?



DSCF4149.JPG


アニさん、かあいいでしょう?



さて、始めは血液検査をしてもらうつもりでしたが、先生と話して取り敢えずゴハンとシャンプーを変えてみることになりました。


ゴハンはヒルズのd/d。
シャンプーはエピスースです。
DSCF4139.JPG

d/dはサーモン&ポテトという、思わず私まで食べたくなるご飯ですよぉエサ

私が手作り食に使ってきた食材は、アレルギーが出やすいものばかりだったようです顔(え〜ん)

なので暫くは、ゴハンもオヤツもd/dで改善を図ろうかと思っています。
これ、ヒルズさんがとっても自信を持って開発した商品らしく、効果がなければ全額返金してくれる制度を設けているようです。

各社のドッグフードを批判する本を時折目にします。
ヒルズさんもなにかと書かれているようだけれど、私たちではわからないことばかりですし、d/dをちょっと続けてみようと思うんです。

有難いことにd/dはかなりたくさんあげても大丈夫なようなので、Annieさんも空腹感に苛まれることもなくダイエットできそうです〜顔(イヒヒ)

ちょっとウエストが窪んでいませんこと?
DSCF4156.JPG


親戚の家には15歳になるラブちゃんがいますが、生まれたときからそれほど高くないカリカリフードだけで育ってきていますから、あまり気にしすぎないようにしようかと・・・。
飼い主の不安がワンコに伝わりますからね。


我が家のインコちゃんたちも元気にしていまするんるんぴかぴか(新しい)
先日、2人でチュ〜キスマークっとしているところを撮ろうとしたら、急いでやめてしまいましたよ。



オスマシ
小鳥
DSCF4129.JPG




ニックネーム まき at 20:56| Comment(2) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

親バカ上等!?

ゴールデンウィークに公園へ行った時の日記にも書かせていただきましたが、
最近のAnnieさん、本当に大人になりました。

家族以外の動くもの全てを、多かれ少なかれ恐がるくせに、
母を送り迎えしてくれるデイサービスのスタッフさんのことは、ションションしちゃうくらい大好きなAnnieさん。

最初は、その中の1人のお姉さんにしかお腹を撫でさせなかったけれど、
慣れてきたせいか、だんだん他のスタッフさんにもビクつきながらながら近付くように・・・。

ただ、男性は未だにダメですねぇ。
我が家に男性が、1人もいないからなんでしょうねぇ。。。たはは

さて、今日は私の帰りが早かったので、Annieと一緒に庭に出て母の帰りを待っていると、ご近所のワンボックスカーが我が家の前に徐行して来て、停まりました。

デイサービスの送迎バスも同じくワンボックスカーなのを覚えているようで、
Annieは私の制止も聞かずにご近所の車に腰を低くして歩み寄り、
降りてきた男性に向かい一言、

『あのぅ・・。デイサービスのシトですか?』

と訊ねた(私には間違いなくそう見えた!)ではありませんか!!??ひらめき

ご近所さんにあえなくシカトされたAnnieさんは、とても恥ずかしそうに私の元に急いで戻ってきました。
その姿がとても可哀想で、私は
『だから違うって言ったでしょう?』
と、たまらず抱きしめたのでした。

母はまだもう少し戻りそうにないと判断した私たちは一度家に入ったものの、
あの、勇気を振り絞ってご近所さんの男性に質問しに行ったAnnieの後姿が目に焼き付いてしまい、愛しく思う気持ちと、望みを叶えてやれなかった哀しみとが入り混じり、
長い間膝に抱いたまま、
『偉かったね。カッコよかったよ!もうすっかりおねえさんなんだね』
と囁き続けてしまった超×100000、いや、それ以上親バカな私なのでありました。


DSCF4119.JPG


本当は・・・ね、本当は、いつまでもいつまでも、甘えん坊で何もできないAnnieさんでいて欲しいと願う気持ちも強いんだよ。
まちって、ホントにバカだよねぇ。




ニックネーム まき at 22:13| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

珍しく走る御大

梅雨入りしてから、本当に暑いですね。
もう少し涼しかった頃が懐かしい気がします。

ゴールデンウィークに撮った写真があるので、今日はUPさせていただきますね。

数日間お休みをもらったので、母と一緒に近くの公園へピクニックに出かけましたグッド(上向き矢印)

DSCF3962.JPG


ピクニックと言えば、お弁当ですね!
まだ涼しい日が続いていた頃でしたが、この日は少し日差しが強かったので、
傷まないように梅干のおにぎりにしました。


何の芸もなく・・・
DSCF3971.JPG


もちろん、あのお方もご同行されたのは良いけれど、自分の庭より遠い所が好きではない御大のこと。
1時間も経つうちに・・・



DSCF3968.JPG


とか、



DSCF3969.JPG



とか言い出し、挙句の果てに・・・



DSCF3970.JPG



などと、本当のこと失礼なことを言い出す始末。
どうせ言うなら「お行儀が悪い」と正しく発音してもらいたいものだね、Annieさんよ。
(あれ? 最近この“よ”が増えたような・・・;;)



公園って自販機やトイレが所々にしかないので、どうせなら出先で冷たいジュースを買おうと考えていたことを少々悔やみながら、遠くに見える自販機目指してAnnieと歩きました。

すぐに戻ってきたつもりだったのですが、母としてはとても心配だったようで、
『どこまで行っちゃったのかと思ったわ〜顔(汗)
と、泣きそうな顔をしていたっけ・・・たらーっ(汗)


さてさて、お腹も膨らんだことだし、少し歩こうか?Annieさんわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)


そう言って私が立ち上がると、また自販機に行くものだと思ったAnnieは、
おなじ方向に歩き出して行きました。
頭良いんだね〜!Annieさん顔(メロメロ)(←大バカ?)


すると、少し前までグニャグニャとゴネていたAnnieさんとは思えないほど嬉しそうにはしゃぎ出し・・・ぴかぴか(新しい)


走る〜走る〜アニーさーん〜〜♪



Annieにとってはきっと、私と母がシートの上で寝転がったりおにぎり食べたりしながらダラダラしていた時は自分が公園にいる理由がわからず、飽きちゃっていたのかもしれません。

実はAnnieさん、今の家に引っ越して来てからの年月のほうが、以前の家で過ごした時間より長くなってしまったんです!

見た目はさほど変わらなくても、心は大人になってきたんだな〜と関心した私なのでした。


この頃でさえ暑さに滅入っていたAnnieさんのこと。
梅雨に入ってからは、何もヤル気が起こらないようです。



DSCF3990.JPG
ニックネーム まき at 20:42| Comment(6) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

底抜け脱線日記

Annieさんはここのところ、何故か吐きます。
しかも、未消化のゴハンを吐きます。

手作りゴハンはいつものことですが、初めて昆布を使ってみました。
それが原因かしら?と心配しています。

我が家では「たんぱく質になる具財+野菜」をメインにすることが多くて、
それにアーダコーダと考えては加えてたくさん作り、数日に分けて食べてもらいます。
鮮度が落ちない期間に。。。

前回は昆布を煮てみたのですが、少々硬かったかもしれません。

「前回」と言って良いのかわかりませんが、ちょうどお鍋の中が空っぽになったところで、市販のカリカリを食べさせてから2日ほどが経ちます。

なのに今日は、カリカリの前に食べたはずのニンジンや昆布を、ほとんど未消化で吐きました。
何故か見た目は元気なAnnieさん。

しかし、油断は大敵。
気温も高いし、食中毒にも気をつけないと。

Annieさん、ご機嫌はいかが?


まちがお庭に出るたびに、Annieさんも喜んで出てくるのよね。


DSCF4003.JPG


おッ、大丈夫???

では、撮り溜めた画像がたくさんあることだし、少しUPしてみようか?娘よ。
ペットブログがガーデニングブログと化してしまいます。


先日、はなまるマーケット(だったと思う)で話題になっていた、
『シシリアン・ルージュ』というトマトとセットで栽培するといいと言われている、ロッソ・ナポリタンが我が家にあります。

DSCF4067.JPG


どちらも糖度が高く、シシリアン65%・ロッソナポリタン35%の比率で調理すると最高に美味しいのだとか。
この比率、黄金比って呼ばれているんですって!

実は私、これが話題になっていることを知らなくて、お店でも2種類並べて売られていたのに気付かず、全部同じトマトだと思い込んで買ってきたのでした。
しかも、買ったものはシシリアンだと思っていたのです。

記憶が定かではないけれど、シシリアンのほうには
「問答無用の調理用」のように書かれていたと思うんです顔(イヒヒ)
面白いでしょうっ?

でもロッソは糖度が8〜10度あるそうなので、大事に育ててみたいなぁ。

やっと1つ、赤くなりました黒ハート
生でいただきましたが、美味しかったよ!


赤くなったと言えば、あの女峰がどんどん実ってきています。

最初のより、大きいでしょう!?
DSCF4066.JPG


それから、以前にUPしたユリの苗が大きくなり、こんなに蕾を付けてくれていますぴかぴか(新しい)


ご近所でも美しいユリを見かけますが、我が家のは肥料不足なせいか小さめです。


今から肥料をあげても間に合うかしら。。。

DSCF4084.JPG



さて、今日は最後にキキョウの蕾を載せてみますね揺れるハート


可愛いでしょう・・・?
え?自画自賛ですって?

DSCF4086.JPG


DSCF4087.JPG


花も咲いているのですが、夕方にはしぼんでしまうため、休日になったら写真に納めたいなと思っています。


田舎の子供たちは、このキキョウの蕾を押して、ぱちんと破裂させて遊ぶのだとか。

我が家も充分(?)田舎ですが、もったいなくて潰せなーい。


他にも色んなものが育っているので、またUPさせていただきますね。



ニックネーム まき at 23:05| Comment(2) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ピントが合わない

すっかり夏空になったと思っているうちに、梅雨に入りましたね。


DSCF4019.JPG


雨も嫌いではありませんが、洗濯物が乾かないのが悩みのタネ。

だってね、実は先日、酔っ払いながら夜干しをしていて、室内用の物干しにつまづいて転んでしまい、見事に破壊してしまったので部屋に干せない状態なんです。

壊した時はまだ酔っていたので、へへへ!やっちゃいました〜顔(ペロッ)などとフザケていたんですが、
翌朝になってよく見たら、修復不可能なくらい壊れていることに気付いた私。

これは考えものです。
ステンレスポールを繋ぐプラスティックの部品だけを取り寄せられると良いのだけれど、
何しろ現品限りの特価品として購入したものなので簡易な包装しかしてもらえず、外箱もないのでメーカーがわからなーい。

検索してみよう。。。

ケケケ・・・(まだ酔ってるのか?)


ところで少し前に、我が家で初めての女峰が採れました。
たった1つですけれどなんとも愛おしいので記念写真カメラ



DSCF4042.JPG


アレッ?あせあせ(飛び散る汗)
撮るつもりじゃない“モノ”にピントが合ってしまったかも。



これでドウダッ!?
DSCF4043.JPG



エイッ!!
DSCF4044.JPG


ふぅ。これでよしわーい(嬉しい顔)


こんな小さな1粒ですが、3等分して仲良くいただきましたるんるん
甘かった〜

まだまだこんなに実りそうです黒ハート

DSCF4059.JPG


赤くなる前の苺って、種が赤いんですね!がく〜(落胆した顔)

DSCF4050.JPG





ニックネーム まき at 19:06| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

殺処分

海外においては、ワンコやニャンコを売るショップがない(ショーケースに入れて展示販売しない)とか、
飼おうと思ったら動物愛護センターへ探しに行くのも珍しくないことであるとか、
日本との意識の違いを感じる話もよく耳にしますね。

私が海外に住んでいたら、どうするだろうか・・・と、考えたことがあります。
私だったら、動物愛護センターに行くことはできないんじゃないかなぁ。

家族を持つことができずに死を待たねばならない子たちを前にして、
1匹だけを引き取ってくることは、できそうにありません。

以前にどこかで読んだ記憶によれば、保健所にワンコを捨てにきた人の中には、笑いながら帰って行く人の姿もあるとか。

また、殺処分の方法がを安楽死だと勘違いしている人も少なくないとのこと。

しかし殺処分は決して安楽死ではなく、ワンコやニャンコは苦しみもがきながら死んでいくのだということを、一人でも多くの方に知っていただけたら有難いです。

これもやはり以前に読んだことですが、殺処分される子の中には早く死ぬ子もいれば、なかなか死にきれずに長く苦しむ子もいるとのこと。

処分担当者さんの中には、死んで横たわっている子達の頭を1頭1頭撫でながら、
『ごめんね』
と謝って歩く方もいると聞いたことがあります。

そんな中、少しではありますが心が明るくなる記事を先ほど目にしました。
宜しかったら、いや、ぜひとも読んでみてください!

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100621-00000001-aera-soci

"世界で初めて”という言葉が、悲しくもあり嬉しくもあり。何とも複雑な気持ちになりました。

このニュースを読んだことで、珍しくマジメなことを書いてしまった私でした。

最後に「こんなおバカな親子もいるのだ〜!」という動画を1つ・・・顔(イヒヒ)
ご近所の家並が映っているので、プライバシー尊重のためにフレームを小さくしてあります。
見辛いですが、お許しを・・・。











ニックネーム まき at 00:11| Comment(2) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

平穏な生活

撮影したままUPしていない画像が多いので、
すごーく季節外れなものもありますが時々載せさせていただきますぅ顔(ペロッ)

今年の3月頃、drug store'sから「バーゲンをやるよ」という内容のハガキをもらい、
ふと見ると可愛いトートバッグが525円じゃありませんか。

決して裕福ではありませんが、激しい争奪戦が苦手なのでバーゲンという言葉にはなびかない私でも、仕事柄安いものが何枚か欲しいので早速行ってみると、ビニールコーティングされた生地でできていて頑丈そうだわ〜黒ハート


ワゴンにはまだ幾つか残っていましたが、皆さん必死の形相で同じものを何枚も掴み、縫製の具合などをチェックしていました。

実は私も縫製は気になるので、この時ばかりは恥ずかしい思いをしなくて済んだのでじっくり選ぶことができましたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

何度も言いますが、525円です顔(イヒヒ)

テレビのニュースなどでよく見るブランド物のバーゲンは、怖くてとても参加できないと思う私でございます。
あんな思いをするなら買わなくて良いかもしれません・・・あせあせ(飛び散る汗)

今回は1つだけ買ってきましたるんるん
ええ、525円ですから。


あっ、これこれ、うまく撮れないじゃないですか。
DSCF3804.JPG

もう少しどいてください。
DSCF3803.JPG


こんな感じです。可愛いでしょ?
DSCF3805.JPG


可愛い?大人気ない・・・の間違えあのよ。
DSCF3832.JPG


はい。確かに。


ところで、冬の寒い時期に我が家の周りをよく歩いていたネコちゃんを、
最近見かけなくなりました。

風邪を引いて苦しそうでも、いつも笑顔で接してくれていた貫禄のある女の子。
DSCF3827.JPG

今、どうしているの?
元気でいるかだけでも教えて欲しいなぁ。



ニックネーム まき at 21:54| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

もらうためには・・

セキセイインコの2人っ子がお気に入りのゴハン、買えなくなりました。
お店がなくなってしまったのですぅ。

なので、2人っ子と出会ったペットショップで買ってきました。
ええ、もちろんセキセイ用の美味しそうなご飯をね。

でも、2人は食べてくれないのよ〜。
ドライフルーツの香りがキツすぎるのかも。。。

しかしAnnieさんは、まだ袋に入ったままの2人っ子用ゴハンに興味津々。

何かが欲しいとき、Annieさんは私からわざと目を逸らしながら
「ちょっと欲しいような気がする」
と言い、鼻先を“ツン”と上げます。


これなあに?美味しいの?
DSCF3926.JPG



もうちょっとお鼻を高くすれば、もらえるかも。
こんな具合?
DSCF3927.JPG


あめあの?

。。。。。。。。
ということは…
DSCF3930.JPG


まちはアニさんに気付いてないのかな。



ちろん。
DSCF3931.JPG


なぁんだ。ちゃんと見てるじゃないの。
カメラなんか向けちゃって。


それでは、奥の手あの。


ちょっと笑ってみる。

にぃ。
DSCF3932.JPG


むぅ。ダメあの?


DSCF3933.JPG


こうなったら、しゃきんとすれば良いおね?
そうなんでしょう?



どう?
DSCF3934.JPG


可愛いっ!マイッタ!って言って。
DSCF3935.JPG


どんなに頼まれてもそれは鳥さんのゴハンなの。
Annieさんには52円のガムを買ってきたじゃないですか。


チロっと私を盗み見しながら文句を言うAnnieさん。

100510
by まき


ニックネーム まき at 23:45| Comment(4) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

アレルギー対策

Annieさんと一緒に寝ているせいか、
ここ数年の私は鼻炎がひどくて
耳鼻科からも打つ手がないと言われています。

レーザーで鼻腔内の腫れた粘膜を焼く処置が効果的だと言われ、
色々と検索もしています。

ただ、まったく改善が見られなかったという書き込みも時には見るし、
安価でもないし、怖いし。

私の知っている耳鼻科の先生は母の病気を見付けてくださった恩人で、
その先生のところにはレーザーの設備がありません。
かなり維持費が高いのだそうで、都内に行かねばならないのかなと思っています。

5000円でできるプチ手術なら近所の耳鼻科で行っているようですが、
1年で効果が切れてしまうのだそうです。

市販の点鼻薬は、怖いほどよく効きます。
しかし副作用も強く、常用すれば却って悪化してしまうことで有名で、
通称「点鼻薬鼻炎」と言います。

それなのに、Annieと暮らし始めてからの私はほとんど、
この市販点鼻薬に頼り続けてきました。

5時間ほどで効果がなくなるので仕事場には必ず持参します。
うっかり忘れると、もう大変。
窒息しそうになります。

それが数ヶ月前、友人の家に遊びに行った時のこと。
私はどうやらいつでも鼻をすすっているらしく、
友人から「風邪を引いたんかい?」と聞かれました。
あまり頻繁に会う人でもないので私の鼻の悩みを知らなかったのでした。

これこれこうで・・・と事情を話す私に彼女は一言、
「私も以前はひどかったよ。でも体質改善したんだ。パイロゲンでね」
と言うではありませんか。
実は私、仕事場の先輩からパイロゲンの話を聞かされていたのです。
でも、お高いので安易に始める踏ん切りがつかずにいたところでした。

パイロゲンとは数種類のお酢にオリゴ糖を加えた飲み物。
飲むだけでなく、お風呂に入れたりお掃除にも使えるのだそうです。
しかも、空きパックに水を入れれば他の用途にも使えるとか、
パックの周りに巻かれているビニール包装にもパワーが浸透しているので、
使い道があるとのこと。

でもね、お酢でしょ。
それにパワーって・・・顔(汗)

お酢なら、もっとお手頃価格で手に入るしなぁ。。。
正直、使う勇気が出ませんでした。

パイロゲンについては、まだ信じるのが怖い小話(?)があるけれど、
また機会があれば追々お話させていただきまーす。

で、私はどうしたかと言うと、仕事場の先輩を通して買ってみたんです。
母が鼻の病気にかかった経緯もあるし、何よりも自分の今の症状はひどすぎるし、
かといって薬物を常用することに恐怖を抱き続けてきたので、
ものは試し!という気持ちで始めてみました。

お薬ではないので飲む回数や量の指定はないと聞きました。
値段を考えると、ついチビチビやってしまいます顔(ペロッ)

効果のほどは・・・
飲み始めてほんの数日で、点鼻薬の回数がぐっと減ってしまいました。

友人は体質改善するまでに2〜3年かかったと言っていたのに、
なぜ私の場合はこんなに早いのか?
他に要因があるのかも知れません。

効いた!効いた!と騒いだ後で、やっぱり勘違いでしたと言いたくないので
しばらく様子をみていたけれど、今のところ調子はすごく良いです。

先輩にこのことを伝えたところ、パイロゲンで作ったという石鹸を1つ、いただきました。



DSCF3917.JPG


おりっ?
後ろに何かが・・・?



DSCF3911.JPG



アニさんでしたか。



DSCF3915.JPG



DSCF3912.JPG


残念だけど、これは食べ物じゃないらしいよ。アニさん。



そうそう。
空きパックに何度も水を入れて使った後は、
パックをハサミで小さく切り、キャップも一緒に洗濯用ネットに入れて、
腰の下に敷くと、腰が楽になるとも教えられました。

うーん。
うぅぅーーん。

こんがらがってきた〜ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

少しづつ試してみて、
「ホントでした」
「ウソでした」
などなど、またご報告しますね。

最後に、パイロゲンをビジネスにしている方も多いそうで、
マルチ商法に似たところがるのかなと思います。
まだ何もわからない私ですが、商品が本当に良いのなら、
そういった販売方法を取らなければもっと知名度も上がるのでは?
と感じてしまう私なのでした・・・。

ニックネーム まき at 23:02| Comment(2) | ワンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする